おばんです。

今夕は、微妙に晴れてましたが・・・・。
こういう時はカシは来ない日です(涙)

そろそろ限界なので、あと1回くらいは夕日に輝くカシオペアを写したい。

さて、今日の更新は。
以前フィルムスキャンした後、忘れていた写真を発掘したので。

130822_1.jpg
C623のSLニセコ号。銀山稲穂トンネル飛び込み付近での一コマ。

峠路を喘ぎながら登って来る感じを想像してましたが。
実に軽々と登って来たので驚いた記憶があります。

やはり、C62に旧客5両。荷物としては軽いのでしょうね。

C623、今は苗穂でお飾りになっているらしい。
願わくば、3度目の復活を遂げ、山線を走ってくれることを願ってやみません。

スポンサーサイト
コメント:
C62-3
え、これってS46年以前の写真ですよね。
こんな昔の写真をお持ちだとは驚きました。

私がS48年頃に函館本線に行ったときには、ただの普通列車を牽いていたような気がします。
---------- トラパパ583 [ 編集] URL . 08/22, 22:18 -----

tobinさん こんばんは。

いかに山線でも客車5両なら軽いもんでしょうね、きっと。それでも途中で空転して止まっちゃったこともあったみたいですね。動画サイトで見たことがあります。でもそのあと峠の途中で再発進したのには驚きました。

かつての「ニセコ」は今思うとあんな列車よく走らせたなって感じます。峠もおかまいなく高速でぶっ飛んでいくC型蒸機なんてつくづくすごい機関車だったと思いますが、それを見事操った当時の乗務員の技術もすごいですよね。

C623・・・復活してほしい!
---------- ごはちまる [ 編集] URL . 08/23, 01:11 -----
Re: C62-3
トラパパ583さん おばんです。

コメントありがとうございます。

実はこの写真は、昭和63年の奇跡の復活を遂げた時のもので(汗)
説明が足りずに申し訳ありませんでした。
多分、その年の6月頃に写したと思われます。

昭和46年と言いますと、自分はまだ小学低学年でありましたです。

白黒フィルム、当時はまだカラーポジフィルムより安かったのと、
白黒の雰囲気が好きで、多用していましたです。

トラブル続きのJR北海道、経営立て直しの為には、新幹線より、
C623を復活させて、山線を走らせるが良いと思うのですがねぇ。
---------- tobin [ 編集] URL . 08/23, 17:34 -----
Re: タイトルなし
ごはちまるさん おばんです。

いつもコメントありがとうございます。

ホントに、軽々でした。
SLが峠を上る時って、音だけが先にやって来て、主はなかなか現れない!
という先入観があったのですがね(笑)

今にして思うと、子供の頃に見たのは、小樽築港の出区とか、小樽駅の機関車交換~発車とか
ばかりで、実際の走りをカブリツキで見たのはこの時が初めてだったかも?

ほんとに、昔はよくもこんな列車走らせてたと思います。しかも毎日!


JR北海道は、C623復活させて、沿線の撮影地を管理下に置いて(勿論有料で。)
撮影者用の列車を仕立てて、ポイントごとに降ろすとか、JR利用者を最優先で優待する・・・・。
なんてことを始めたら、人が集まって儲かるような気がするんだけど。

ダメですかね(笑)
---------- tobin [ 編集] URL . 08/23, 17:48 -----
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://sizukutobin.blog.fc2.com/tb.php/689-c3038a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)