月曜日恒例で。

大吟醸ネタです。

今週はこれ。

180423_2.jpg

長野県の 「大信州 以和為貴 わをもってたっとしとなす 下原多津栄」
大信州の鑑評会出品酒ですね。
多分、全国新酒鑑評会で金賞を獲ったときのもので。
出品酒に一番近いお酒が詰まっていたと記憶しています。

流石に、美味い酒でしたねぇ。
最近は、何だか妙に香りを抑えたタイプが金賞獲れるとあってか、
この時のお酒の様な、含み香華やかなタイプが影を潜めているのがツマラナイ。

華やかな中にも、飲み飽きしない感じが大吟醸の真骨頂と思ってますが、
ここ最近の金賞酒って、香りが無い、モッタリした感じが多い。

こんなものにお金出せないですねってのが正直なところです。
そう言えば、そろそろ、新酒鑑評会の成績発表ですね。
今年は、どうなんですかね?
期待はまったくしてません。


スポンサーサイト
04.23 (Mon) 22:21 [ 大吟醸 ] CM0. TB0. TOP▲
コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://sizukutobin.blog.fc2.com/tb.php/2525-2b456019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)