おばんです。

今日は羽越線で485系3000番台のさよなら運転があったみたいですね。
自分は行きませんでしたが・・・・・・

塚山とか、鳥海山麓界隈に遠征に出かけた時に写してましたが・・・・・
ハッキリ言って、これが来ると、「なんだ!こいつかぁ~・・・・」みたいな(汗)

来るものは写す!事にしてましたので写真はそこそこありますが・・・・・
改めてそんな写真を眺めてみると、写す時に気が入ってないせいか?
何だこりゃ?ってものばかりでした(滝汗)

まぁ、そんな中で目についたものをあげて見ます。


170319_1.jpg
羽越線・本楯付近。
鳥海山バックの一枚。
ですが、ライトが点灯していないので、ケツ打ちか・・・・・


170319_2.jpg
信越線・塚山界隈で。

国鉄特急電車で一大勢力を誇った485系もこれが無くなったことで、
残るは派生と言うか、改造されていろんな形態になっちゃったものばかり。
(九州にはまだ残ってるのか?分かりませんが・・・・)

愈々、国鉄の匂いが染みついたものが無くなって行きますねぇ。


スポンサーサイト
コメント:

こんばんは。
お写真のリニューアル車は、好き嫌いもあることと思いますし、往年の「L特急」の風格がなくなってしまっているようにも思いますが、私は個人的には、新しくもない車両をよくもここまで綺麗に整備したものだと感心していました。
さすがに新車と並べば差は分かってしまいますが、函館まで足を伸ばしていた青森の車両も、日本海縦貫線を走り続けた新潟の車両も、どちらも最後まで綺麗な姿でよく活躍してくれたものと思います。
新幹線の開業は、容赦なく在来線の歴史を変えていってしまいますね。これらの車両も既に第一線からは外れ、遂に最後まで残った車両も廃車と聞けば、在来線がますます寂しく思えてきてしまいます。
高額なクルージングトレインも鉄道の話題を作り魅力を発信するのにはいいかと思いますが、やはり生活に密着した「普通の姿の」在来線の様々な姿を見ていきたいと思ってしまいます。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
---------- 風旅記 [ 編集] URL . 03/19, 18:49 -----
Re: タイトルなし
風旅記さん おばんです。

コメントを有難うございます。
仰る通りで、40年近い車齢のものをリニューアルしたとはいえ、良く今まで走ってくれたものだと。
また、新幹線の開業で切り離された在来線からは優等列車が無くなり・・・・
新たに始まるクルージングトレインなるものは既に一般庶民のものではないし。
これからも「普通の姿の」在来線を見ていきたいものですね。

---------- tobin [ 編集] URL . 03/20, 15:30 -----
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://sizukutobin.blog.fc2.com/tb.php/2063-7adce1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)