おばんです。

今日は雨かな~なんて思ってたら日が射したり・・・・・
と思ってると雨が降ってたり。
梅雨時の天気なんですかね?
会社の行き帰りに降られなかったのは救いでした。

で、五月連休に暇に飽かしてやっていたフィルムスキャンしたものを。

160609_1.jpg
これは確か・・・・・・・・・
高校生の頃・・・・・小沢か倶知安に行った時か?
何しろ40年近く前。覚えている筈がないですね?

とはいえ、この時代はまだまだDD51牽引の客車が日に何本かは走ってました。
50系はデビューしていたはずですが、まだ山線でははしっていませんでした。

この列車、急行ニセコが無煙化された後、暫くしてから2号機が梅小路に送られるまで
C62が牽引していたと記憶してます。

当時はDD51はSLを駆逐した元凶と言われtましたが?
自分は結構好きな機関車でした。


スポンサーサイト
コメント:

tobinさん こんばんは。

ひなびた情景が懐かしいですね。私はこの時代の車両やこの時代の駅やこの時代の鉄道をとりまく環境や風情といったものが今でも一番好きです。当時の病める国鉄は悲惨な状況でしたが情緒は今より豊かでときめく存在でしたから・・・。
---------- ごはちまる [ 編集] URL . 06/09, 23:13 -----
Re: タイトルなし
ごはちまるさん おばんです。

コメントをありがとうございます。
確かに。国鉄時代はどんな田舎の駅にも駅員さんが居て。
その周りには独特の造りの官舎があって。
風情がありましたよね。

この然別駅もそんな感じが漂ってました。
ですが、今は駅があれば良い方で。いつの間にか廃止になっていたり。
あっても貨車が駅舎替わりだったり。
かわればかわるものですね。

特に田舎の駅は人間味が無くなったような気が・・・・・
って、ある意味都会の駅も変わらないですね。



---------- tobin [ 編集] URL . 06/10, 22:21 -----
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://sizukutobin.blog.fc2.com/tb.php/1758-148583d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)