元温泉マニアで今テッチャンの自分、一度行ってみたかった温泉がありました。

そう、北上線の、駅と温泉(おふろ)がドッキングした、ほっとゆだ。
先月の北上線遠征のときに寄ってきました。

列車の追っかけより、温泉だぁ~っとばかりに。
列車の撮影は、ほぼノープランだったのですが、こればっかりは外せないと。

120706_1.jpg

入ってみた感じは、想像とはちょっと違ってました。
も少し鄙びた感じかな~なんて思っていたのだけど、なんか銭湯っぽい感じで。
でも、お湯は良かったですよ~。

さすがに、浴場の写真は写せませんでした(笑)

浴場の壁に大きな信号(線路脇に立ってる3色のやつ)が取り付けてあって。
駅に列車が到着する時間で、青→黄→赤と替わるらしいのだが・・・・。
自分が見た時は、青→赤に変わった。電球が切れてる?故障?

だけど、ひとつだけ難点があって、脱衣所の床がキタナイ。
もっとこまめに掃除すれば良いのに・・・・。
とか思ってしまいました。
もっとも、脱衣所がキタナイ温泉って、ザラにあるんですけどね。

そういう、細かいところで、また行って見たいか、もういいやか、
決まるんだけどねぇ。

鉄遠征で入る温泉。良いですよね~。
スポンサーサイト
07.06 (Fri) 18:44 [ 温泉 ] CM2. TB0. TOP▲
この週末は、ダイヤ改正、日本海のラストランなどいろいろありましたが。

自分は非鉄な週末でした。

と言うのは、昨日は午後から地元の酒飲み仲間が三重県に転勤する!
という事で、送別会というかまあ、じゃあ最後に温泉でも行くか・・・。
と話が纏まり、温泉酒飲みツアーにいってました。

昨日の午前中と、今日の午後は線路端に出られると思ってたのですが、
日頃の行いのせいで生憎の雨模様・・・・(笑)

で、行っていたのは、福島県南会津町の湯の花温泉 旅館 清瀧 さん。
120318_1.jpg
この宿にはかれこれ20年くらい通ってます。
何と言うことは無い、鄙びた小さな温泉旅館ですが何故か気にいってしまって。
お湯が良いですね。

120318_2.jpg
数年前にリニューアルされた内風呂。
ここは、源泉が約60℃と熱い為、加水で温度調節して掛け流し。
お風呂のリニューアル前は源泉をそのまま掛け流ししていて、かなり水で埋めないと
とても入れたものではありませんでした。

120318_3.jpg
今回は積雪のため入れませんでしたが、もう少し雪が解けると、檜風呂も。
(写真は以前に行った時のものです。)
このお風呂は、源泉掛け流しで。
いちばんに入るときはやはり水でかなり埋めないと入れません。
このお風呂は、入ったときに風呂桶からあふれ出るお湯が何とも贅沢で。
自宅の風呂では間違っても出来ないな~と、何時も思ってます。

夕食は、玄関横の囲炉裏の間でいただきました。
120318_4.jpg
此処の旅館の良い所は、夕食はできたての暖かいものを提供してくれるところで。
岩魚の塩焼きや、季節の山菜のてんぷら、そばなどが。
どれも美味しゅうございました。

囲炉裏で肴を焼いたりとかではないのですが、なんか良い感じです。
食事のおかずを肴に散々飲み食いした挙句に、最後のご飯がまた美味しくて。
つい食べ過ぎてしまいます・・・。

ん~、また行きたい。


03.18 (Sun) 16:27 [ 温泉 ] CM0. TB0. TOP▲